×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




東武鉄道 伊勢崎線01(浅草〜業平橋)

東武鉄道 伊勢崎線 路線図→

東武鉄道
伊勢崎線

「浅草」

下町の雰囲気を残す浅草の真っただ中にある駅です。
駅構造 島式ホーム3面4線(高架駅)
乗り換え
東京メトロ
銀座線に乗り換え→

東京都交通局(都営)
浅草線に乗り換え→

首都圏新都市交通
つくばエクスプレスに乗り換え→
所在地 東京都台東区花川戸一丁目4-1
備考
そんな『東武伊勢崎線』のターミナルステーションとなっているのが、
この「浅草駅」です。

この「浅草駅」、私鉄のターミナルステーションに関わらず、
あの『山手線』の駅から離れている。
そのため、利用しづらいのが現状でしょう。

さらに「浅草駅」には、独特の駅の特徴があり、
色々な制約を受けています。

この「浅草駅」
頭端式ホームで、出口が見えるほど、
ホームの長さが短くなっているのです。

特急列車も停車できる駅ながら、
6両編成までしか入ってくる事ができません。

一応1番ホームだけは8両編成も入れますが、
またある事情により後方2両はドアカットされます。


「浅草駅」周辺は、浅草の街並みと、
近代的な街並みがあります。







「浅草駅」の正面口前には大きな交差点があり、
雷門通りが交差して浅草通りに繋がります。







雷門通りの方面は、昔ながらの店が並びます。



「浅草駅」の姿は、
『東武電車』の姿を前面に押し出した、
ターミナルビルとしての姿です。







きっぷ売り場、乗り場などはコンパクトにまとまっています。



階段を上がり、改札口を抜けると、
ホームの頭端に出ます。








駅自体は小さいのですが、
乗降客数は多くいます。



典型的な頭端式のホームで、5番線まであり、
割と小さな建物の中にまとまっています。



1番線は直線で8両編成に対応していますが、
かなりぎりぎりまで電車が入って来なければなりません。



各駅停車や区間準急は「浅草駅」では昼間は閑散としています。



路線図は複雑に入り組み、
『東武鉄道』の全線が掲載され、
乗り入れ先も出ています。







「浅草駅」は連絡路線も『東京メトロ 銀座線』のみしかなく、
地下鉄乗り入れ線の方が便利なため
それほどの乗降客はいないようです。







区間準急の「久喜」行きです。
「浅草」を出てからは、しばらく各駅停車の役目をします。



ホーム幅ぎりぎりで、
列車進入時はとても人が立てません。



先頭車両付近はかなりぎりぎりのホームです。



駅のホームも線路も、大きく先の方、
隅田川を横断する形で曲がっており、
特急列車進入時は大きくカーブしながら列車が侵入します。



ホームの先から見ても、
頭端の線路の終端が見えます。



特急車両もやってくる「浅草駅」では、
特急専用ホームも存在します。



「浅草駅」の特急専用ホームは、特急券がなければ
入る事が出来ないようになっています。

駅のホーム構成としては、

1/2番線
『伊勢崎線』
普通 北千住・竹ノ塚・北越谷方面
区間急行・区間準急 北千住・春日部・東武動物公園・
久喜・館林・太田方面
『日光線』
南栗橋・新栃木方面

3./4番線
(特急専用ホーム)
 『伊勢崎線』
 特急 「りょうもう」 館林・伊勢崎
『桐生線』
新桐生・赤城
『佐野線』
葛生方面
『日光線』
特急 「スペーシアけごん」・「きりふり」 南栗橋・栃木・東武日光方面
「スペーシアきぬ」・「ゆのさと」 栃木
『鬼怒川線』
鬼怒川温泉方面
『宇都宮線』
特急 「しもつけ」栃木・壬生・東武宇都宮方面

5番線
 『伊勢崎線』
快速・区間快速 春日部・栃木・東武日光・鬼怒川温泉・
『野岩鉄道会津鬼怒川線』
直通 会津高原尾瀬口・
『会津鉄道会津線』
直通 会津田島方面


となっています。
一見すると複雑ですが、
種別ごとにホームが分かれていることを理解すれば、
それほど把握するのは難しくありません。



こちらは、北口です。
正面口と違い、ガード下にあってあまり目立ちません。
自動改札機や券売機の数も少ないが、
人の利用は多いようです。



そして、ホームです。
隅田川にかかる橋梁の上に一部はみ出しており、
このように前方に向かって大きく湾曲しています。
しかも、先端に行くにしたがって
どんどんホームが細くなっているため、
歩く際は注意が必要です。



カーブしている部分は、
こんなにホームとの間が開いてしまっています。







1番ホームに入る電車とは、
ここまで接近する事になります。
2番ホームの電車から見ていると、まるで衝突するのではないかというほど
接近してきてしまうのです。



「浅草駅」に入線する側から見ると、ここまでカーブしています。


「浅草駅」を出発します。
複線になっても、隅田川橋梁にかかるまで
まだカーブが続きます。





すぐに隅田川を横断します。







「浅草駅」に余裕が無いので、
隅田川にかかる橋に、ダイヤモンドクロッシングがあります。







隅田川には船が運行している姿も見られます。



川を渡ると、再びカーブが続きます。



特急スペーシアとすれ違います。
「浅草駅」のホームに余裕が無いので、
ほぼ必ずこの辺りで上下線がすれ違うようです。







やがてカーブを描きながら、「業平橋駅」と、
東京スカイツリーの姿が見えてきます。


東武鉄道 伊勢崎線02(業平橋〜曳舟)
東武鉄道 伊勢崎線02(業平橋〜曳舟)

戻る
戻る