×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




東武鉄道 東上本線33(小川町〜東武竹沢)

東武鉄道 東上本線32(武蔵嵐山〜小川町)

東武鉄道
東上本線

「小川町」

JR八高線と乗り換える事がえきる、運行の分岐の駅です。
駅構造 島式ホーム1面2線(地上駅)
乗り換え なし
所在地 東京都豊島区池袋本町一丁目36-6
キロ程 64.1km(池袋起点)
備考




電化されていて、「池袋駅」まで直通列車もある『東上線』と、
『高麗川駅』までの運行しか無く、電化さえされていない『八高線』。

当然の事ながら『東上線』の乗客の方が圧倒的に多く、
この「小川町駅」の管轄は『東上線』にあります。



「池袋」からは、最大でもこの「小川町」までしか来られず、
しかも、運行形態は分離しています。



そのため「小川町駅」から先に行く場合、
必ず乗り換えをしなければなりません。




『東武東上線』「小川町駅」から先は、
4両編成の車両で運行されます。



乗り継ぎは割と便利なのですが、
上手く乗り継ぎたい人のためにか、
車内に時刻表があります。
これは、「池袋」〜「小川町」間の列車には無い設備です。











駅のホームに降りるのは、
大抵は乗り換え客ばかりです。



「小川町駅」を出発します。



「小川町駅」を出て少しの間、
複線であるかのように錯覚しそうですが、
実際は単線で、隣に伸びているのは留置線です。



こちらも複線であるかのように見えますが、
隣を走っているのは『JR八高線』で架線が無い、
非電化区間です。



少しの間、『東武鉄道』と『JR』が並走します。



『八高線』はしばらく並走しましたが、
すぐに別れていきます。
次に『八高線』と出会うのは、
「寄居駅」になります。



山間部を再び走行していきます。



のどかな風景の中に見えてくるのは、
「東武竹沢駅」です。


東武鉄道 東上本線34(東武竹沢〜男衾)
東武鉄道 東上本線34(東武竹沢〜男衾)

トップへ
トップへ
戻る
戻る