×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




東武鉄道 歴史



東武鉄道という会社
(東武グループ)

東武グループは東京証券取引所の、一部上場にされている、
大企業であり、みずほグループを構成する企業になります。

東京・埼玉・千葉・栃木・群馬に営業キロが463.3kmにも及ぶ、
大きな鉄道路線を有しており、
これは関東地方では最長に、全国でも2位になります。

路線は大きく分けて、『本線』と、『東上本線』に分かれており、
それぞれ別の地方に伸びています。


『東武鉄道』の歴史

『東武鉄道』の企業創立は、1897年になり、
『伊勢崎線』が開業したん歩あ、1899年になります。
その他にも、東上鉄道(現東上本線)を合併したほか、
総武鉄道(現野田線)、下野電気鉄道(現鬼怒川線)などを合併、

戦後の最盛期には、596.2kmの路線を有していました。
1984年までは多くの貨物列車が運行され、
貨物駅も各地に存在しましたが、
現在であ貨物営業は廃止されています。

意外な事に、『東武鉄道』はトンネルがほぼ無く
『日光線』の全長40mのトンネルしかありません。


東武鉄道 列車
東武鉄道 列車

戻る
戻る